取引の注文方法

株式を売買する時の基本的な注文方法は、現在の値段で株式を売買する成行注文と値段を指定して売買をする指値注文ですが、ネット証券ではそれ以外の注文方法を使って取引をすることも出来るようになっています。指値注文は株式を買う時は指定した値段以下、売る時は指定した値段以上で売買が行われるのですが、逆指値という注文方法では株式を買う時は指定した値段以上、売る時は指定した値段以下で売買が行われます。この逆指値で注文することが出来れば、市場が予想外の値動きをした時にリスクを回避することも可能になります。
また、その日の最初や午後の初めに指定した値段で取引を行う寄付注文や、午前や午後の取引が終了する時間に指定した値段で取引を行う引け注文があります。それ以外にも、期間指定注文・逆指値付通常注文・連続注文などの、色々な注文方法があります。
これらの注文方法を使うことで、いつも株式市場の値動きを見ていないでも、自分の考えた通りに株式取引を行うことが出来るようになります。ただし、これらの注文方法は、各ネット証券ごとに利用出来る種類が違いますので、口座を開設する前に希望する注文方法が利用出来るのかを確かめておかなくてはなりません。

Copyright(c) 株式投資をするならネット証券 All Rights Reserved.